今後発展の可能性あり|物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

レディー

今後発展の可能性あり

マンション

東京には劣るが需要はある

不動産投資といえば東京に一極集中しています。その理由として挙げられるのは日本全国では人口が減少し不動産の需要が落ち込んでいるからだと言えるでしょう。しかし、その反面、東京エリアは人口の流入と不動産の需要が年々高まって来ているのです。その証拠として、東京の地価は増加傾向にありますが、この傾向は東京23区内で顕著なのです。他の都市でも規模こそ小さくなりますが、存在すると言われています。その一例として挙げられるのが大阪でしょう。日本第二位のとして関西地区にある大阪でも都市部への単身世帯の流入はあります。そのため大阪でも収益物件を確保することは可能になりますが、東京と異なるため駅前であればどこでも構わないということではありません。大阪環状線界隈の特に中心部に近いところに限られてしまいますが、収益物件は確実に存在します。

利益率が高い

大阪は東京に比べて、利益率が高いメリットがあります。東京よりかなり安く不動産を購入できることがメリットであるのに対し、家賃収入は東京都大差ないのです。そのため利益率が高く多少の空室のリスクもカバーすることができます。そして大阪では、家賃にこだわる人が多く同じ建物でも家賃の安い階下のほうが人気があります。そのため利益率を少し圧迫させることになりますが、家賃を下げることによって需要は確実に向上する仕組みがあります。そのため東京で一つに収益物件で不動産投資を行うより大阪で複数の収益物件を確保し、運営したほうがリスク分散の効果も伴うメリットもあります。東京では飽和状態になりつつある不動産投資は大阪でいち早く展開するほうが賢い方法なのです。