中古物件の確認ポイント|物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

レディー

中古物件の確認ポイント

集合住宅模型

建築確認申請の日付を確認

中古の収益物件が多くの人に支持されています。この収益物件を購入する際には、2つのポイントをよく確認することが重要です。2つのポイントの確認を怠ると、入居者の確保が非常に困難になります。また、資産毀損リスクを高めてしまうため、リスクの高い不動産投資となってしまいます。1つ目のポイントが、築年数です。1981年6月に建築基準法の大改正が施行されました。あまりにも大幅な改正であったため、それ以前の耐震基準は旧耐震基準と呼ばれるようになりました。中古の収益物件を購入する際には、建築確認申請の日付を必ず確認するようにしましょう。旧耐震基準の収益物件を購入すると、想定外の修繕費が必要になる恐れがあります。また、地震災害時に倒壊してしまう可能性が高まり、資産を大きく毀損させてしまいます。

1階のセキュリティを確認

中古の収益物件を購入する際の2つ目のポイントが、1階のセキュリティです。昔はそれほどセキュリティ意識が高くはありませんでした。そのため、1階のセキュリティに不安を感じる収益物件が多く、現代の入居者ニーズを満たすことができません。1階の全ての部屋が空室になる恐れがあり、資金計画を大きく狂わせる恐れがあります。どうしてもセキュリティを高めることができない場合には、用途転用も検討しましょう。1階の部屋を商業用に転用することにより、セキュリティの高さに関係なく家賃収入を得られることができます。コインランドリーに転用することで、コインランドリーからの収入も見込むことができます。1階のセキュリティをよく確認すること、転用は可能かを確認することで、安定した収入を得られる収益物件を選ぶことができます。