青色申告を利用しよう|物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

レディー

青色申告を利用しよう

電卓とお金

事業的規模を意識しよう

不動産所得の事業的規模を意識することが収益物件を購入するときには重要だと言えます。家賃収入による利回りをより高めるためには税務戦略が必要になってきますが、不動産所得で税務戦略を行うのであれば、ある一定の事業的規模も大切ですよ。その、ある一定の事業的規模とは5棟10室です。戸建の収益物件が5棟以上、あるいは10室以上の集合収益物件を保有している場合には、事業的規模を満たしたことになります。この事業的規模を満たすことにより、青色申告を利用することができるでしょう。さらに、事業的規模を満たしていないと白色申告しか利用できないため注意が必要になってくるはずです。この青色申告を利用することは、青色申告特別控除を利用できることを意味しています。65万円も控除できるため、大きな節税効果を得ることができるという利点が挙げられます。

災害リスクにも対応できる

青色申告を利用することは、妻や子供に給料を支払うことによる税務戦略を取ることも可能になるでしょう。妻や子供に給料を支払うと、不動産所得から給料を経費として差し引くことができます。配偶者控除や扶養控除を考慮しながら青色事業専従者給与を利用することで、その世帯全体の節税を行うこともできるはずです。また、収益物件を保有し賃貸経営を行っていくと、家賃滞納トラブルに出会うこともあるでしょう。青色申告を利用していると、集金できなかった家賃を経費に計上することが可能になってきます。家賃滞納によるリスクを抑えることになるため、安定した賃貸経営を行うことができますよ。その他にも、災害リスクを抑えられることも、青色申告利用によるメリットと言えるでしょう。損失額の全額を経費に計上できるので、災害リスクによる損失を抑えることが可能になるのです。このようにたくさんの利点を実感できる収益物件を購入する際は、事業的規模を満たすよう物件を選びましょう。そうすることにより安定した賃貸経営を行えるようになるのです。