物件のことはマンション管理会社ランキング上位の会社に相談しよう

男女

今後発展の可能性あり

マンション

不動産投資は東京で展開されることが多いのですが、東京に次いで不動産需要の多い大阪で展開することも一つの方法です。収益物件を安く買えるとともに家賃を高く設定することが可能であるため利益率が高いメリットがあります。

View Detail

中古物件の確認ポイント

集合住宅模型

人気が高まっている中古の収益物件ですが、購入する際には建築確認申請の日付と1階のセキュリティをよく確認することが重要です。建築確認申請の日付を確認することで、耐震性の高い収益物件を購入することができます。1階のセキュリティを確認することで、収入を安定させることが可能です。

View Detail

青色申告を利用しよう

電卓とお金

事業的規模を満たすよう物件を選ぶことが収益物件を購入する際には重要です。事業的規模を満たすと青色申告を利用できるため、様々な恩恵を受けることができます。青色申告による税務戦略を取り、安定した賃貸経営を行うようにしましょう。

View Detail

アパートから始めよう

集合住宅

マンションよりアパート

今から不動産投資をスタートする方は、まずアパートを購入することをおすすめします。収益物件には、他に一棟マンションや区分マンションがあります。しかし、この2つの収益物件にはデメリットがあり、初めて不動産投資を行われる方にはおすすめできません。一棟マンションのデメリットは、初期費用が非常に高額になることです。少なくとも数億円の初期費用が必要になり、自己資金だけでも1000万円ほどを用意しなければなりません。あまりにも初期費用が高いため、その分リスクも高くなる傾向があります。区分マンションのデメリットは、分散投資が難しいことです。区分マンションを一室だけ保有することは、入居率が100%か0%の2つに1つしかありません。二室以上を保有しようとすると、その分仲介手数料や登記費用が必要になってきます。物件を探す時にはマンション管理会社ランキング上位の会社を当たってみるといいでしょう。

一棟だけでも分散投資

アパートは、一棟マンションと区分マンションのデメリットがない収益物件です。一棟マンションほど高額ではなく、自己資金は100万円から200万円ほどあれば購入することができます。不動産投資会社によっては、自己資金が不要であるところもあります。また、区分マンションとは異なり、アパートを購入することは一挙に複数の部屋を保有することになります。一室が空室になっても家賃収入が途絶えることがないため、アパート一棟だけでも十分な分散投資を行えるのです。これから不動産投資を始める方は、まず新築のアパートから資産形成を行うことをおすすめします。中古アパートは経験と知識が必要になるため、アパート経営に慣れてから購入するといいでしょう。収益物件の中でも特に優れているアパートを購入し、安定した家賃収入を得られる不動産投資を行いましょう。どうしてもマンションがいいという人はマンション管理会社ランキングにある会社に話を聞いてみましょう。